ライター初心者!記事の書き方

Webメディアやブログ初心者で書き方が分からない、

記事を書くのに時間がかかる

という人は読んでください。

 

先日、名古屋スタートアップ株式会社のライター講座1回目に参加してきました。

nagoyastartup.co.jp

そのフィードバックを書きます。

 

1.ゴールを設定する

記事のゴールは、

読者に具体的な行動に出てもらうことです。

商品だったら購入、Web広告だったらクリックすることです。

何をしたらコンバージョンになるのかを定義します。

 

2.ターゲットを設定する

ターゲット4原則

  • 性別
  • 年齢層
  • 居住地
  • 職業

です。

まずはこれを決めます。

例えば、女性・30代・愛知県名古屋市・百貨店スタッフとなります。

 

3.ペルソナを設定する

  • 年齢、性別、住んでいる場所

  • 仕事

  • 生活パターン

  • 最終学歴

  • 価値観

  • 今課題を感じていること

  • 恋人・配偶者の有無、家族構成

  • 人間関係

  • 収入

  • 趣味

  • インターネット利用状況

などを決めます。ターゲットを細かくしたものがペルソナです。

細かければ細かいほど良いです。

その人の生活を想像し、妄想しましょう。

 

4.アウトラインを決める

アウトライン(外枠)が決まれば、記事の半分は書き終わっています。

王道パターンは

  • タイトル

  • 導入文

  • 本文①

  • 本文②

  • 本文③

  • まとめ

の流れです。小学校の作文の授業で「はじめ・中・終わり/まとめ」と習ったと思いますがそれとほぼ同じです。

ここでタイトルや見出しを決め、話の流れを作ります。

タイトルはSEOを考えてつけられると良いです。

 

5.記事を書く

ここでやっと執筆作業に入ります。

書く時のポイントは、

  • 本文から書く
  • 導入文に時間をかけない
  • ざっと書いて見直しの時間を取る

この3つです。

メディアでペルソナがある程度決まっている場合で

60分の制限時間の執筆作業の時間配分は

 

アウトライン設定:執筆:見直し=30分:15分:15分

 

となります。

いかにアウトライン設定が大切かが分かります。

見直しは声に出すのがオススメです。意味が伝わる文章になっているでしょうか?

 

まとめ

記事を書く時には

  • ゴール・ターゲット・ペルソナ・アウトラインを設定する
  • 導入文やまとめに時間をかけない
  • 見直しして文章を直す

ことを意識しましょう。