時間の使い方

時間は有限の資源ですよね!

やること、やりたいことは山のようにあるのに終わらない…

そんな経験はありませんか?

どうやって自分の時間を使うか、悩みますよね!

今回は自分のやりたいタスクを効率よく片付けていくを方法をお伝えします。

 

手順としては

①固定の予定を書きだす

②メインのやりたいことを書き出す

③その他のやりたいことを書き出す

④やりたいことは誰と、どの時期に完成させたいかを書く

⑤自分のスケジュール帳に転記する

⑥あとは実行するのみ!

このような感じです。

 

私の場合、

①確実に決まっている本番や試験の日程を書く

②自分が企画したい、あの人のところで演奏したい本番を書き出す

③フランスに旅行に行きたい、ヒッチハイクしたい、iPhoneがほしい…

 欲望を思うがままに書き連ねました(笑)

④②で出した本番は自分だけでは完成しないので、同級生の誰を誘うか、どんなお客さんを呼ぶのか大方の目安を付けます。

⑤どの時期に実行したいか大まかに決め、マンスリーの欄に目標として書く

⑥今すぐに実行できるものは今から実行する

こうなりました。

 

書き出すだけです。

とても簡単にできます。30分間、自分の欲望と向き合ってみませんか?

 

私は書き出す方法を大学2年生の時に知り、5つの欲望を書いたのですが半年ですべて達成しました。

 

今回は5つどころではなく20個くらい挙がりました。

欲望にまみれていますね(^^)

残りの大学生生活で消化できるよう、逆算して

時間を使いこなしていこうと思います。

 

有意義な人生を歩みましょう!

アンサンブル、やりたい人集まれ!

今日は無性に音楽を、特にアンサンブルをやりたくなった日だった。

他人がアンサンブルで楽しんでいるところを見ると

横で見ているだけだと

「ずるいなぁ…」

って思う。

 

 

 

残りの、少しの大学生生活。

やったもん勝ちじゃん。

やりたい、って言ってくれる同級生もいて。

私が仕掛けてみよう。

 

レッスンではいろいろ反省点が出たから

しっかり練習しなきゃ。

絶対に卒業演奏会に出る。

最後の最後に、

有終の美を飾る。

 

 

 もっとイメージをはっきりさせよう。

作曲者が伝えたかった音は、どんな音だったのだろうか。

倦怠感の原因と対処方法

昨日は誕生日でした。

様々な方からお祝いのお言葉をいただき、幸せな一日を過ごしました。

22歳の1つ目の宣誓は「毎日文章を書く」です。

ブログは、ただの日記からちゃんとした記事まで色々挙げていきたい所存です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

早速、日記に参ります。

 

先日の京都一泊二日から誕生日と、

かなり精神的に大変でした。

若い世代はとにかく元気いっぱいなんです。

年が1、2歳しか違わないのに…(^^;)

 

で、今朝は疲れが一気に放出したようです。

 

今朝の合わせをこなし、

いざ自分の練習をしようとしたら

 

・全身倦怠感

・異常な眠気(前日6~7時間寝ているのにも関わらず)

・何か弾いても音が出ない

・背筋を伸ばすのがつらい

・悪寒

 

体の異常が出まくり。

2時間部屋を借りていたけれど、15分くらい弾いて帰宅しました。

 

だるい時に粘っても良くならないし、

眠い時は何をしても眠い。

 

結局、その直後のインターン

16時くらいまで眠気がつきまとい、

すごく迷惑をかけてしまった。

 

会社の皆さんごめんなさい…。

 

限界を超えないよう、

自分のベストが出せるよう、

エネルギーバランスを調節していきます。

セルフコントロール

眠くなったら寝よう。

おやすみなさい。

ビットコインって何?その内容と始め方

こんにちは。石川です。

 

先日、ビットコイン保有し始めました。

そろそろ資産形成を始めようかな、と思い立ったからです。偶然にもクラウドファンディングで仮想通貨を学ぶ場を得られたため、即座にビットコインを入手しました。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 目次

  1. 仮想通貨とは
  2. ビットコインとは
  3. ビットコインの始め方
  4. 注意点

 

 1.仮想通貨とは

読んで字のごとく、存在しない通貨のことです。

 

通貨(つうか、: currency)とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、その地の統治主体によって価値保証された、決済のための価値交換媒体。

(引用:Wikipedia

 

仮想通貨は、電子マネーやポイント等のことを指します。

(例)Suica、Tポイント

 

ビットコインやイーサリアム等を暗号通貨と言います。

暗号に守られている通貨のことです。

 

仮想通貨、暗号通貨は誰にでも作成することが可能です。

できたばかりの通貨を購入し、「この通貨は100倍に価値が上がる」とうたい

価値が高騰したところで本人のみ売り抜ける

という手法が蔓延しているので、新しい通貨には気を付けましょう。

 

2.ビットコインとは

ビットコインとは、暗号通貨の中で最も有名かつ最も安全と言っても過言ではない通貨のことです。もちろん仮想の通貨です。目には見えません。

 

ビットコインは、「ナカモトサトシ」と名乗る人または団体の一論文から始まりました。

原論文日本語訳はこちら。英語で書かれた本当の論文も、ページ内リンクから読むことが可能です。

coincheck.com

ざっくり、大雑把にまとめると以下のようになります。

現在の通貨は政府等中央の力が大きく介入しています。しかし仮想通貨なら個人間の通貨のやり取りが可能になります。インターネット上の取引で、様々な問題が生じたり情報の安全性が問われたりしますが、それはブロックチェーンと呼ばれる技術で守ります。

 

ビットコインは24時間365日止まることは始まって以来ありません。

本当にすごいことです。銀行等他のシステムはシステムメンテナンスで使えない時間帯があるのに…。

 

3.ビットコインの始め方

手順としては、①取引所に登録②クイック入金③コインに交換

この3ステップです。

 

取引所のオススメは以下3つです。

1.bitFlyer

bitflyer.jp

 

2.Coin check

coincheck.com

 

3.Zaif

zaif.jp

 

私はbitFlyerが良いかな、と思います。

一番に口座を開設してから1時間以内にビットコイン保有し始めることができるスピード感が良いです。

入金の手順はすべて画面上で誘導してくれるので安心です。

 

東京で受けたレクチャーでは「bitFlyerは取引している量が日本の取引所で最も多いこと、ほぼ安全な通貨しか扱っていないからおすすめ」と教わりました。

 

4.注意点

初心者は新興のコインに手を出さないようにしましょう。為替でも、ハイリスクハイリターンをすることに挑戦できるのはかなりの玄人だと思います。

暗号通貨に興味があるなら、まずは信頼性のあるビットコインやイーサリアムなど、メジャーなコインを買うことをオススメします。

※どのようなものにも絶対的な安全などないように、これらの暗号通貨も100%安全ではありません。

 

ビットコイン東京オリンピックでも決済端末を導入する取り組みをする予定など、政府でもかなり熱く話題にされています。

 

これから需要の増加が見込まれるため、短期的な利益で一喜一憂するよりも、

長期的に保有して資産を増やすほうが賢いやり方と見込んでいます。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

独立に向けて準備したいこと

https://twitter

 

プロブロガーのRyoheiさんのブログを読んで、すごくためになったので

ぜひ読んでみてほしいです。

特に音大生や美大生で卒業後フリーランスを目指している方に。

 

音楽や美術、書道など、芸術系の学部からフリーで生きていきたいと考える人はとても多いと思います。

全国や世界で有名になるには想像を絶する努力と先天的な才能が欲しいですが、ある特定の地域、分野で活躍するにはフリーで生きていけると思います。

 

しかし、

フリーで活動する≠一人で生きていく

だとも思います。

 

活動やサービスの対価としてお金を得るということは

必ずその先に誰か、自分ではない人がいるのです。

 

つまり、自分の活動やサービスを受け取ってもらえる人とのつながりを

作っていく必要があります。

 

活動やサービスの対価としていただくお金は、

あらかじめ金額設定や決まりを設け、

後々もめないようにする必要があります。

 

そのために契約書等の書類を作成する能力や

交渉していく力が必要です。

 

フリーで仕事をもらうということは、

同時に自分を広め、仕事を探しにいかねばなりません。

 

自分ひとりで営業をする必要があります。

会話する力、売り込む力、礼儀正しさが必要になります。

 

もしもの時のために、貯金をする必要があります。

自分が一人生きていくのに必要な金額は知っていますか?

家賃やインフラにかかる費用、食費や薬代など、必要最低限で、

1年間でどのくらいかかるかを計算し、

貯金すると安心です。

 

それすらもなくなった時を考えて、

親にしっかりそうだんしておきたいですね。

お金のことも、その先のことも

フリーランス以外の他の選択肢についてもしっかり話し合うべきです。

 

親子関係もこじらせると大変です。

しっかり折り合いをつけておきましょう。

 

フリーランスで生きていくためには、

覚悟を持って、しっかり準備したいものです。

 

私は絶賛準備中です。

自己啓発とともに、

やるべきことリストとして書きました。

ご参考になればぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

.com/mahiro_piano/status/901651504662175744

名古屋でディナー

こんにちは。石川です。

今日は他大学の友人と晩御飯を食べに行きました。

 

名古屋コーチン親子丼 酉しみず

大名古屋ビルヂング

 

に行ってきました。

 

和食で安く食べたい。

なるべくきれいなお店で食べたい。

あんまり急かされたくない。

 

そんな思いで

和食→親子丼

きれいなお店→大名古屋ビルヂング

急かされたくない→なんとなく

という結論に達し、酉しみずを選びました。

 

名古屋駅から歩くこと5分。

金時計で待ち合わせをし、地下鉄を通り過ぎユニモールを通り過ぎ大名古屋ビルヂングへ。

そのまま地下の道を進み、角にお店がありました。

 

内装は木目調のカウンターテーブル、壁で落ち着いている雰囲気。

一人や二人のお客さんが多かったです。

男性も女性もいて、男女比は半々でした。

サラリーマンっぽい人から旅行帰りの女性まで。

どんな人でも入りやすいです。

 

席に着いて驚いたのが

目の前で親子丼を作っている…!

ということ。

どんぶりの直径サイズのフライパンが5個ほどあり、

IHのコンロで鶏肉、玉ねぎ等具材を炒める。

卵を2つ手に取り

かっかっかっ…

ぱかっ!

じゅわわああぁぁ

 

おいしそうな音。

私たちは迷わず「名古屋コーチン親子丼」を注文。

待っている間、話に花を咲かせていると、

 

「こちらが名古屋コーチン親子丼です。」

丸いお盆に乗ったどんぶりとサラダ、スープが。

蓋を開けると

甘辛ダレがかかった黄金色に輝く親子丼が。

なんともおいしそうです。

 

一口食べると

おぉー。とろとろで出汁の味とタレが絡んでいる。

おいしい…!

サラダはキャベツと塩昆布、

スープは鶏の出汁スープに塩コショウ、ゴマを振ったものでした。

 

サラダとスープは?という味でしたが、

親子丼はおいしかったです。

 

どんぶりという形態上、すぐに食べ終わってしまい、

長くおしゃべりすることはかないませんでした。

その分回転率が良いので、待ち時間はほぼゼロで席に着けます。

 

1000円+αでディナーが食べられます。

出費を安く抑えたい方にオススメです。

大名古屋ビルヂングでこんなに安くておいしいお店があるとは知らなかったです。

 

ディナーのお店で困ったら、行ってみてはどうでしょうか?

早く入れる、

見ておいしい、

聞いておいしい、

食べておいしい

財布に優しい、

駅から近い、

のようにかなり良い点がそろっていると思います。

夜でも3桁で食べられるメニューもありました。

 

カウンターで横との距離が近いため、

それが嫌な方にはオススメできません。

 

長くおしゃべりしたい方は2軒目必至ですね!(笑)

 

hitosara.com

日本の長時間労働の問題点

 

今朝、あんちゃさんのツイートにリツイートし、あんちゃさんからいいねをもらえました。本気で驚いたし嬉しかった。

ということでそのツイートに関する意見です。

 

長時間労働は無駄が多い。

世界の企業が短時間で生産コストを下げ、業務効率を上げる方向に動いているのに日本は未だに定時退社できない風潮がはびこっている。

なぜか。頭の固い上司が会社の席に居座っていることが原因の一つだろう。一つのタスクに対して3つも4つも新たな問題を発見してくる。まるで重箱の隅をつつくように…。

それは一昔前のお姑さんにも言えることかもしれない。掃除のし忘れや洗い物の一部にいちゃもんをつける…。

 

仕事にしろ、家事にしろ、長く働けば良いものが出るわけではないだろう。長時間働くことによって集中力が低下し、判断力が鈍り、良いアイデアも出てこなくなる。体に不調を来たし、今までできたこともできなくなってくる。さらにできる仕事が減ってくる。大変な悪循環だ。

 

だからこそ、短時間で効率よく働く方法を考えることが大切になってくる。自分の臍帯の力を発揮するためにはやはり休息が必ず必要になってくる、オンとオフをしっかりつけることで、その差で効率が良くなる。寝ることで脳みそが整理され、頭がスッキリとするのである。筋肉も休まるので肉体労働もお手の物だ。

 

そんなこと、きっと誰もが分かっている。言われた仕事はやりきらないと合われないから残業しているんだ。そんな声が聞こえてきそうだ。

 

確かに、必要最低限はやりきってほしい。顧客はそれを求めているのだから。ホームページ制作を頼んだのに中途半端な状態で納品されたらどうだろう。コンサルティングを頼んだのに途中で放り出されたらどうだろう。最低限、契約書の定義に入っている仕事は終わらせるべきだ。しかし、それ以上のこと、つまり自己満足に近いものは仕事で強要されるべきではないはずだ。例えば、ロゴの位置を数センチずらすだの、資料のまとめ方が気に入らないだの、という類のものだ。それは自分の顧客が少しも求めていないことではなかろうか。数センチずれることで売り上げは上昇するのだろうか。資料のまとめ方を変えれば業務効率が改善し、全社員がやる気に満ち溢れるのだろうか。

 

そんなっことはあるはずがない。結局ただの自己満足であり、不調な仕事を増やしているだけである。長時間働こうが、働かまいが、それは個人の自由であるが、仕事の良しあしは、その気持ちの熱量で決まってくるものだと思う。どんなに長く働いても、仕事に対して熱意が感じられなかったら、契約には至らないだろう。

 

長時間働くのが好きな方はそうすれば良いと思う。しかし、好きでもないのに長時間働いているのならば、それは人生を消耗しているに過ぎない。有意義な時間の使い方を考えていきたいものである。